子どもの成長にあわせた幼児教育

子供の成長にあわせた幼児教育

与えられたもの

運動をした後は誰でも気分が爽やかで快適です。
イメージだけではなく実際の、運動による効果は研究などによって実証されています。
ストレスの解消が第一で、健康や体力維持などや、脳の活性化など、大人でも良い影響が認められます。
少し偏りのある子どもにも、運動によってさまざまな好影響があるそうです。
自己抑制機能に影響するそうで、簡単な遊びを含む基礎トレーニング的な有酸素運動や、ウエイトトレーニングの無酸素運動で、抑制機能を求めることができます。
ですから、ジムでのトレーニングをして筋肉を手に入れた人たちは、普通の何もしない人より、抑制機能に長けているようです。
海外で収監されている人がジムトレーニングなどから、リアルに運動から抑制機能の効果を得て、再犯の防止に役立てているようです。
少し偏りのある子どもは、有酸素運動と無酸素運動による自己抑制機能の影響で、良い結果が出てきているそうです。
激しいくらいのトレーニング後の数時間は、一時、脳機能への好影響が続くそうです。
指導者の方などは、実践的に落ち着きのないと言われる子どものトレーニング後の様子などを認知されているケースもあります。
集中力が感じられ数時間の記憶力向上や自己抑制機能への好影響、そして行動の切り替えのパターンができる時間を、子どもと共有できることもあるそうです。
有酸素運動での好影響があることを認識しながら、効率のいい教育システムをカリキュラムとする学校を選ぶことも大切なことかもしれません。

TOPへ戻る