子供の成長にあわせた幼児教育

お口がアニメのように曲がる

法曹資格を持たない法学部卒は怪しい

グレーゾーンを曖昧という言葉に置き換えて、曖昧である方が周囲の環境をよく理解し、見定めることができるなどと偏った主観に基づく発言をする人がいたとします。
実際のところは負け惜しみばかりが強くても、そういう人は社会的な権力関係を見極める能力には長けているので権力を握っている人の金魚の糞のような行動をとります。
超絶早口で、声が小さく誰にも聞こえません。
社会性も怪しいもので、話す相手の親戚と出身大学が同じで、学部による偏差値の違いを元に自分が優れていると自慢をしてしまって、話す相手から内心憤慨されますが本人は空気が読めません。
なぜなら当時は地方枠の試験と本試験とはレベルが乖離している事実があり、そのことも知らない田舎者であるという反省もないからです。
ちょっとしたズレや見解が、大きな誤解を招きます。

逆行はない

ルール作りにおいて、法の教育は自由で公正な中での一人として、最小限必要な思考を目指すことを必須としています。
様々な思惑から多様な生活意識を探求し、それぞれで認知しながら、寛容に多様な思惑を尊びながら共存する方向性の、社会環境を配備する所存で、国は動いています。                    
ルールは、本質的に共存の規則で、共栄を望むものです。
民主主義社会は、主体性をそれぞれが持ち、他力本願は許されません。
生活を改善し、より良いものにすることであると子どもたちが実感し、規則は臨機応変に良くすることを目的に変え、主体的に規則を作って、有効に使う意識を育てる必要があります。
確固とした目的に向かって、指導することや環境を整えることが大切です。

TOPへ戻る